↓本場のカジノをプレイする前に↓

ウィリアムヒル・スポーツ ワイルドジャングルカジノ ベラジョンカジノ







韓国のカジノの主なテーブルゲーム

ブラックジャック

ブラックジャック(英語:Blackjack)は、トランプを使用するゲームの一種であり、カジノで行われるカードゲームではポーカーやバカラと並ぶ人気ゲームです。カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ることを目指します。バカラやおいちょカブと似たスタイルのゲームです。尚、ブラックジャックにはポントゥーン(pontoon)や21(twenty-one)という別名もあります。ルールとしては、プレイヤーはディーラー(胴元)との間で1対1の勝負を行います。つまり、プレイヤーが複数いる場合にはディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになります。各プレイヤーの目標は、21を超えないように手持ちのカードの点数の合計を21に近付け、その点数がディーラーを上回ることです。手の中のカードの点数は、カード2〜10ではその数字通りの値で、絵札であるK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は10と数えます。A(エース)は、手持ちのカードの合計が21を超えない範囲ならば11と数え、超える場合は1として数えます。各プレイヤーが初めの賭け(ベット)を終えると、ディーラーはカードを自分自身を含めた参加者全員に2枚ずつ配ります。ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向き(アップカード)にされ、プレイヤーは見ることができます。もう1枚のカードは伏せられています。この伏せられたカードは「ホールカード」と呼ばれます。プレイヤーの行動が全て終わった時点ではじめてディーラーの2枚目のカードが表向きで配られます。プレイヤーのカードはカジノによって表向きの場合と裏向きの場合がありますが、現在主流になっている6デッキ以上を利用するルールにおいてはフェイスアップで配られることが通例です。この時点で、プレイヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ可能)であれば「ナチュラル21」又は「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベットの2.5倍の払い出しを受けます。プレイヤーとディーラー、双方がナチュラル21の場合には引き分けとなります。プレイヤーがナチュラル21にならず、ディーラーがナチュラル21の場合には自動的にプレイヤーの負けとなります。
ユーログランドカジノのブラックジャックは、世界中の多くのオンラインカジノユーザーから親しまれていますよ

 

ポーカー

ポーカー(poker)は、トランプを使って行うゲームのジャンルです。コントラクトブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームの一つで、心理戦を特徴としています。主にアメリカでプレイされているゲームであり、ギャンブルとして行われる事が多いです。プレイヤー達は5枚の札でハンド(役、手役)を作って役の強さを競います。つまり、相手をフォールドさせれば(ゲームから降りさせれば)、ハンドの強さに関わらず勝つことが出来るので、ブラフ(ハッタリ。ベットすることによって弱い手を強く見せて相手をフォールドさせようとすること)に代表される心理戦の占める割合の高いゲームであるとされます。勝ち負けの数にはあまり意味が無く、勝ったときのチップを大きくし、負けたときの損失を最小にするための総合的な戦術がより重要になります。また、他のプレイヤー達の仕種、表情、賭けたチップの枚数等から他のプレイヤー達のハンドの強さを予想し、自分の賭けるチップの枚数を決めます。このゲームでは相手を惑わす為にわざと驚いて見せたり、嘘をついたりする事が認められていますが、実際のゲームにおいて相手の表情などを読んで自分のアクションの判断材料にする場面は、巷間信じられているほどには多くないようです。個々のカードの強弱は、A(最強)、K、Q、J、10、9、8、7、6、5、4、3、2(最弱)の順となります。但し、Aは「A-2-3-4-5」の形のストレートまたはストレートフラッシュの場合に限り1として扱われ、2よりも下の扱いになります。個々のカードの強弱は、同じ役の強弱を決めるために使用されます。カードのスートは、フラッシュやストレートフラッシュの役の条件となる以外には通常は意味を持ちません。但し、スタッド・ポーカーにおける行動順の決定に使用される場合にはスートに強弱がつけられます。手の強弱は、まず役の強弱で決定されます。例えば、「2? 2? 3? 3? 4?」はツーペアの中で最も弱い手ですが、下の役であるワンペアやハイカードよりも強いです。「A? A? K? Q? J?」のように、ツーペアのペアよりも強いカードが入っていても関係ありません。役が同一の場合は、個々のカードの強弱を見ます。役は、カードの並び順とは関係なく決定されます。例えば、「10? 8? 10? 6? 10?」は「10? 10? 10? 8? 6?」と同じ手であり、スリー・オブ・ア・カインドとみなされます。尚、52枚のカードから5枚のカードを選ぶ組み合わせは、2598960通りあります。
今、ポーカーと言えばW88カジノで人気急上昇中。日本人プレイヤーも続々参W88カジノに戦していますよ!

 

バカラ

バカラ(英:Baccarat、伊:Baccara)とは、バンカー(banker、胴元役)と、プレイヤー(player、客役)の仮想の二人による勝負で、どちらが勝つかを客が予想して賭けるゲームです。実際にゲームをプレイしているのは仮想の人物であるため、客が出来ることは予想することだけで、それ以外でゲームに介入することができません(カードを引く引かないの選択権を持たない等)。バカラは高額な掛け金をかける人が多数です。勝負はプレイヤーとバンカー、それぞれ配られたカードの点数の合計によって決められます。Aは1点、2から9は表示どおりの点数で、10、絵札はすべて0点として数えます。繰り上がりは考慮せず、繰り上がった場合でも下一桁のみを評価します。9点が一番強く、それ以降8点、7点、と続き、0点が最も弱い点数となります。ディーラーが数組のカードをシャッフルし、シューター(和製英語。英語ではshoe)といわれるカジノ専用のカードケースに入れて行われることが殆どです。ゲームに参加した人たちは「プレイヤー」側が勝つか「バンカー」側が勝つか予想し賭けます。ベット額の上限はテーブル上に表示されているMAXベット額によって一律に決められている場合と、「バランス」といって、双方サイドの賭け金額の差が一定額以下に制限される場合があります。「バランス」で差額が制限を超えている場合、超過しているサイドはベット額を減らか、不足しているサイドへの追加ベットを求めるなどしてバランスの調整が行われます。配当原資を双方の賭け金に限定される場合、または双方の賭け金が同額でないとゲームを成立させない場合を「完全バランス」といい、前者の場合は薄い側のサイドに賭けた客の配当は多く、厚い側のサイドに賭けた客の配当は少なくなります。
また、「タイ(tie)」といって、勝負が引き分けに終わるという結果に賭けることも可能です。タイはサイドベットであるため、プレイヤーかバンカーにベットした上で同時にタイにもベットできます。ベットの上限は低く抑えられていることが多いです。プレイヤーサイド・バンカーサイド双方に2枚ずつカードが配られます。最初の2枚で、どちらかの合計点が8点または9点の場合、ナチュラルとして即座にゲームは終了、点数の多い方が勝利となります。最初の2枚で、プレイヤーサイド・バンカーサイド双方が6点または7点を出している際もゲームは終了します。

 

大小(タイサイ)

大小(だいしょう)あるいは大細(だいさい、広東語:たいさい)とは、3個のサイコロを用いてその出目の合計数などを予想するカジノゲームです。主にアジア(特に中華人民共和国澳門(マカオ)特別行政区:旧ポルトガル領マカオ)のカジノで行なわれています。
3個のサイコロを用いることから合計出目の最小数は3(1のぞろ目)、最大数は18(6のぞろ目)となり、3個のサイコロの合計出目が4以上10以下を「小」といい、11以上17以下を「大」といいます。出目の最小数3と最大数18は大小のルール上、大でも小でもないぞろ目に分類されます。尚、比較的類似するルーレットと異なり、さいころは完全密封された機械容器の中に入っており、蓋(不透明の取り外し可能な外蓋と固定された透明の中蓋の二重蓋で、外蓋を外してもさいころに手を触れられるようにはならない。)をして機械によりシャッフルし、出目が決定した後にその出目を予想してテーブル上にチップを置くことにより賭け(ルーレットと同様に置く場所によって予想を示す)、その後外蓋を開いて出目を開示します。配当の率は的中確率により決まっており、最低倍率の2倍から最高倍率の181倍まであります。最低倍率は、単に大・小を当てる区分に賭けて的中した場合であり、最高倍率はぞろ目の出目が的中した場合です。マカオのカジノでは最も人気のあるカジノゲームの一つであり、ほとんどのカジノに大小の台が設けられています。店舗間や、同一店舗内でも台により異なりますが、目の大小を当てる場合の最低賭け金は概ね50パタカ(またはほぼ等価の50香港ドル)、それ以外の部分に賭ける場合は概ね20パタカ(または20香港ドル)となっており、マカオのカジノの中では最も少ない元手で遊ぶことができるカジノゲームの一つです。但し、50パタカのテーブルは非常に少なく、殆どの台で最低賭け金は100パタカ以上に設定されています。ルーレットのディーラーがある程度出目をコントロールすることができると言われているように、大小のディーラーも密閉された容器内のサイコロの振る舞いでありながら、機械の特性の熟知によりある程度出目をコントロールできるため、完全に運・確率のみに依存したゲームではなく戦略が重要になります。

 

クラップス

クラップス(Craps)とは、2個のサイコロの出目を競うゲームの一つです。ディーラーとの勝負にも関わらず、プレーヤー側がサイコロを振ることができます(サイコロを振る人は順番)。プレイ進行自体は単純なものの、非常に様々な賭け方ができます。アメリカを始め多数のカジノで遊ばれています。ビデオポーカーやブラックジャックのように戦略によって勝てるゲームではありませんが、他のゲームに比べ熟練が要求されないわりに、控除率(胴元の取り分:ハウスエッジ、ハウスアドバンテージ)が少ないため、初級者から上級者まで幅広い層に人気があります。バカラ同様ハイローラー(大金を賭けてゲームをする人のことを指します。カジノから宿泊費、滞在費はもとより交通費やゲーム代の一部まで支給されることもあります。俗語に「ホエール<鯨>」があります。)が愛好するゲームでもあります。カジノ(特にアメリカ)で行われる場合は、サイコロの投げ手は客(プレイヤー)の中の一人が務めます。2人で遊ぶ場合とは異なり、ポイント確定後も引き続き同じ客が投げ手を務めます。ゲームは、以下を一つのシリーズとして進行します。最初に7,11を出して勝つ(ナチュラル、ウィン)。もしくは2,3,12を出して負ける(クラップス)。他の目、4,5,6,8,9,10が出た場合はその目がポイントとなります。ポイントが確定した後はそのまま同じ客がサイコロを振り、ポイントを出して勝つか、あるいは7を出して負ける(セブンアウト)まで続けます。ポイントおよび7以外の目(例えば2や11)はこのフェーズでは勝ち負けには関係ありません。ここで投げ手を含む客はゲームの勝ち、負けを始めとする賭けを行います。ただし、ここの勝敗は便宜的なものであり、投げ手以外の客のみならず、投げ手自身が自分の負けに賭けることもルール上は可能です。投げ手はポイント確定後に7の目を出して負けた(セブンアウト)時に左隣の客と交替します。ポイント確定前の負け(クラップス)の場合には、基本的には投げ手を交替することはありません。

 

ルーレット

ルーレット(フランス語:roulette)は、回転する円盤に球を投げ入れ、落ちる場所を当てるカジノゲームです。ルーレットはカジノの女王とも呼ばれ、多くのカジノで提供されています。19世紀初めにフランスで現在の形が完成し、「小さな輪」を意味するフランス語がゲームの名前になりました。ホイール(回転盤)は均等に区切られたボールの落ちるポケットがあり、数字が記されている。ポケットには赤か黒かの色がついており、0(00、000)は緑色です。ホイールの種類はヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルの2種類が主流であり、その他にはメキシカンスタイル(39区分)などがあります。ホイールの種類によって数字の並びやオッズが異なります。基本的にどのようなベットをしても控除率が一定になるようオッズが調整されています。アメリカンスタイルの場合は5.3%(2/38)、ヨーロピアンスタイルの場合は2.7%(1/37)が確率統計的にカジノの収益になります。プレイヤー間の勝負は無く、常にカジノとの勝負になります。アメリカンスタイルの控除率は他のカジノゲームと比較して高く、ヨーロッパに比べてアメリカでは人気が低く、ブラックジャックやバカラなどの他のゲームのほうが人気が高いようです。アメリカンスタイルのラスベガスではルーレットの利用者は全来客者数の2%に留まり人気が低迷している一方、ラスベガスを抜いて、世界一のカジノ国になったマカオではヨーロピアンスタイルを採用しており、どのカジノもテーブルでプレイヤーがあふれていることが多いです。したがって、カジノ側はテーブルゲームのほかに、機械式のルーレットを設置し多くのプレイヤーをさばいています。主なプレイスタイルとして、オッズが低く当たりやすいベットを多額で狙う、賭けることなく履歴を確認しチャンスと思った所で勝負する、通りすがりに一枚賭けで大勝負、などがあります。クラップス同様、他のシリアスなゲームの緊張感をほぐす意味で遊ばれることもあります。

 

スロットマシン

スロットマシーンはカジノの中で最も代表的なゲームの一つです。もはやスロットマシーンの無いカジノはもはや存在しないと言われる程に人気があって、実際にスロットマシーンの導入を嫌がった伝統あるヨーロッパのカジノは衰退してしまったとも言われています。
ルールが簡単で、初心者でも異国の言語が分からなくてもプレイできるのが魅力です。また、少ない賭け金で一攫千金や高額賞金「ジャックポット」が存在するのがスロット最大の魅力です。スロットの遊び方はとても簡単です。まずはコインや紙幣をマシンに入れます。マカオのカジノでは香港ドル(HKD)紙幣や小銭をそのまま使うことができます。入れた金額がクレジットとして表示されます。
次に、賭けるラインを決めます。賭けるライン数はボタン操作で変更することができます。これにより1回転ごとの賭け金も変化します。しかし基本はMAXベット(全てのラインに賭けること)です。賭けるラインを決めたら、その次は1ラインあたりに賭ける金額を決めます。
尚、1ラインごとの賭け金も変更することができます。台ごとにレートは決まっていますが、そのレートの2倍・3倍といった設定が可能です。初めは1倍賭けで良いでしょう。1ラインあたりに賭ける金額を決めたら、次はいよいよスロットを回します。PLAYボタンを押すことでスロットが回り始めます。賭けていたラインに絵柄が揃うとその賞金(配当)がクレジットに加算されます。最後に、精算ボタンを押す。スロットをやめる時の作業です。やめたいタイミングで精算ボタンを押せばその金額のコイン、もしくはお金に両替できるチケットが出てきます。

 

ファンタン

ファンタンは正方形のテーブルとボタンなどを使って行う、数の余りを当てるギャンブルです。白いボタンを使うことが多いですが、コインや碁石などで行うこともあります。ルールは金属製のお碗を数が不明の数十個のボタンの山にかぶせ、客が碗の中のボタンの数を4で割った余りが0個から3個のいずれかであるかを、テーブルに書かれた1から4(余りなし)の数字の上に掛け金を置いて賭けます。賭け終わると、竹べらを用いて4個ずつならべていき、最後に残るボタンの数が賭けた数と合えば勝ちとなり、元手の他、3倍の配当となります。手取りはバンカーの手数料を引いて3.75倍とされる例が多いです。また、賭ける際に1から4のいずれかを選ぶ以外に、例えば1と2の間に掛け金を置くと、1または2に賭けたことになるが、配当は半減します。発生の時期は不明であるが、用意する用具が簡単なため、19世紀までに広東省で流行していた賭博のひとつです。元々は広東のものとして「広攤」と呼ばれたが、当初は空豆やビーズなどの数当てでした。アメリカのゴールドラッシュの時期には多くの中国人が広東省から移住したため、アメリカにも伝えられ、19世紀末のサンフランシスコやニューヨークのチャイナタウンでも賭場が開かれ、盛んに賭けられていました。その後、もっと複雑な麻雀や牌九に流行が移ると、ファンタンは衰退していきました。現在、国での賭博は禁止されているため、マカオのカジノで行われているものが主となっています。
また、通常のトランプのうち、エースから8までの計32枚を使って行うゲームにもファンタンと呼ぶものがあります。
エンパイアカジノはファンタンも遊べるオンラインカジノとして人気沸騰中!ファンタンプレイヤーは是非エンパイアカジノをプレーしましょう。

 

キノ

キノ(Keno)とは、1番から80番までの番号の中から任意の番号を1個以上20個以下の範囲で予め選んでおき、その後にゲームの主催者によってランダムに決定される20個の当選番号の中に、その番号がいくつ含まれているかで得喪を決定する、ギャンブルゲームおよび宝くじです。ゲームに参加するには、キノ・ラウンジ(Keno Lounge)と呼ばれるキノ専用のエリアに備え付けてある申し込み用紙に、やはり備え付けのクレヨンで、予想する番号に×(ばつ)印を付け、賭ける金額と、何個の番号を予想したかを用紙の所定の場所に記入した後に、賭け金を添えて窓口のキノ・ライター(keno writer)と呼ばれる係員に渡します。申込用紙を受け取ったキノ・ライターは、予想された番号にマークが印刷された控え用紙を発行するので、これを受け取り、抽選が始まるのを待ちます。また、カジノ内に併設されているレストランには、卓上にキノの申込み用紙を備え付けているところもあります。この場合は、申込用紙と賭け金を、キノ・ランナー(Keno Runner)と呼ばれる、場内を巡回しているキノゲーム専門の係員に渡す事で申し込むことが可能です。そのようなレストランには、抽選の経過がモニターできる電光掲示板が、壁や柱に設置されています。抽選の結果、一定の条件を満たして賞金を受け取る権利が発生した場合は、次のゲームが始まる前までに控え用紙を窓口、またはキノ・ランナーに提出し、賞金を受け取る必要があります。ただし、マルチレース・キノ(multi-race keno)と呼ばれる、1回の申し込みで連続する複数のゲームを購入している場合はこの限りではありません。ラスベガスでは1枚の申し込み用紙で21ゲーム以上連続して購入すると、そのチケットは1年間有効になるというように、扱いがまったく異なってきます。このように、多数のマルチレース・キノを購入した客のために、部屋のテレビで抽選の経過を放映しているカジノホテルもあります。

 

レッドドック

レッドドッグ(red dog)とはカジノで行われるトランプゲームの一種です。近年、アメリカやオーストラリア、カナダなどで行われているカジノゲームです。このゲームでは、最初に2枚のカードをディーラーが配った後、3枚目のカードの数字が最初の二枚のカードの数字の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなり配当が行われます。使用するのはトランプ一組52枚でジョーカーは利用しません。最高位がAで最低位は2となります。スートは一切考慮しません。まず、プレイヤーはベットを行います。ベッティングボックスには手前に"BET"、奥に"RAISE"と書かれていますが、最初はBETに賭け金を置きます。全員のベットが終了すると、ディーラーは手元に2枚のカードを表向きに配ります。ゲームを行うテーブルには3枚分のカードを置く枠が書かれていますが、ディーラーは左と右にカードを配ります。この2枚のカードの数字に応じて以下の流れが変化します。実は、このレッドドッグがベラジョンカジノでも遊べるのです!しかも中々の人気ゲームと言う噂。是非あなたの目で確かめてみて下さい。

 

<1.2枚のカードの数字が隣り合う場合(コンセクティブ)>
9と10のように二枚のカードの数字が隣り合う場合、3枚目にどのカードを引いても最初の二枚の間に入る事はできません。よって3枚目のカードは配られずにその場で引き分けとなり賭け金は返還されます。

 

<2.2枚のカードの数字が同じ場合(ペア)>
2枚のカードの数字が同じ場合、3枚目のカードも同じ数字ならばプレイヤーの勝ちになります。この場合の勝ち方をレッドドッグと呼びます。もし3枚目のカードの数字が最初の2枚と異なる場合は引き分けとなります。

 

<3.2枚のカードの数字が異なり、隣り合っていない場合(スプレッド)>
2枚のカードの数字の間に入る数字の数を付けて「スプレッドX」と呼びます。例えば2枚のカードが2と4だった場合は3の一個だけが入るので「スプレッド1」、3と8の場合は4?7が入るので「スプレッド4」、最大は2とAの2枚だった場合で「スプレッド11」となります。この場合、プレイヤーはBETに置いた額と同額をRAISEに置いて賭け増しをすることも出来ます。賭け増しをするかどうかについて全プレイヤーが意思を表明した後、3枚目のカードが配られます。このカードの数字が最初の2枚の間に入っていればプレイヤーの勝ちとなりスプレッドの状況に応じて配当が行われます。入らない場合(2枚のいずれかと同じ数字も含む)はプレイヤーの負けとなりベットは没収されます。


トップページ オンラインカジノをプレイ 格安ホテル予約 カジノ用語集 リンク集